イベント

2019年11月20日~22日、POF2019国際会議(The 28th International Conference on Plastic Optical Fibers)を慶應義塾大学日吉キャンパス協生館にて開催いたしました。

pof_2019_1040.jpgのサムネイル画像pof_2019_0994.jpgのサムネイル画像20日のOpeningでは、サザンプトン大学オプトエレクトロニクス研究所所長のDavid N. Payne教授、ブロードバンドタワー社長兼CEOの藤原洋氏の2名に基調講演を行っていただきました。

基調講演に引き続き、20日午後のスペシャルセッションでは、KPRI国際シンポジウム「8K、5G時代への新たな展開」を開催致しました。本シンポジウムでは、日本放送協会(NHK)技術局長 児玉圭司氏、日本電信電話株式会社(NTT) 井伊基之氏、日本医療研究開発機構(AMED)理事長 末松誠氏をキーパーソンとしてお迎えし、8K, 5G時代へ向けての最新技術動向についてご講演頂きました。pof_2019_1495.jpgのサムネイル画像引き続き、POFの今後の普及へ向けて、Nitto/慶應義塾大学光ケーブル共同研究センターにおける新しい成果、及びKPRIの今後の展開について、日東電工株式会社代表取締役専務執行役員CTO梅原俊志氏、KPRI所長の小池教授より紹介し、国内外の研究者、一般参加者の方々と共有することができました。また、東京オリンピックを前に新4K8K衛星放送に向け製品化されたGI-POFを用いた伝送システムをデモンストレーションし、GI-POFの伝送性能、接続簡易性を参加者に体感いただきました。

21日、22日は学術セッションならびにポスターセッションが行われました。オーストラリア、ブラジル、中国、台湾、キプロス、ドイツ、ギリシャ、韓国、リトアニア、マレーシア、ポルトガル、スペイン、イギリス、アメリカなど世界のフォトニクスポリマー専門家による積極的な意見交換がなされました。

pof_2019_0799.jpgまた、本国際会議では、日東電工、AGC、三菱ケミカル、NHK、マスプロ電工、その他海外の企業など全13社による企業展示も同時開催し、各社におけるPOF関連製品、産業化へ向けた取り組みをご覧いただきました。

本国際会議の登録参加者数は144名、スペシャルセッションにおいては、280名もの方々にご参加いただき、盛況のうちに終了致しました。

10月15日(月)~18日(木)、JST S-イノベーション「フォトニクスポリマーによる先進情報通信技術の開発」主催でInternational Workshop on Photonics Polymer for Innovation (IWPPI2018)を長野県諏訪市にて開催し、217名もの方々にご参加いただきました。

Openingでは、JSTの後藤吉正理事からご挨拶をいただき、ロチェスター大学のDuncan T.Moore教授、アリゾナ大学のNasser Peyghambarian教授に基調講演を行っていただきました。

基調講演に引き続き、15日、16日は学術セッションならびにポスターセッションが行われた。フランス、アメリカ、インドネシア、韓国、台湾、イギリス、スペイン、中国、スイス、チェコ、インド、オーストラリアなどの世界のフォトニクスポリマー専門家による積極的な意見交換がなされました。

さらに、17日午前中前半には、本年度最終年度を迎えたS-イノベーションプログラムの各課題研究リーダー、及び開発リーダーからの成果発表が行われ、ステージI~IIIまでの成果、及び産業化に向けた取り組みを発信しました。

17日午前中後半は、アカデミア、材料メーカー、そして最終メーカーから産学官連携の実績を数多くお持ちの方々をお招きし、スペシャルセッションが行われました。本スペシャルセッションにはUSAからGoogleのプロダクトデザイン開発マネジャーWilliam Leggett氏が駆けつけてくださり、Googleのハードウェアプロダクトについて紹介いただきました。また、その後行われたパネルディスカッションでは、日東電工株式会社取締役専務執行役員の梅原様、元早稲田大学総長の白井克彦氏や金子諏訪市長も加わって、各界からの生の声を参加者の皆様にお伝えすることができ、"フォトニクスポリマー材料の機能がシステムを変える"というテーマについて議論することができました。

また、S-イノベーション参画機関13機関、およびDNP、JDI、日東電工、日東光学、KTグループによる企業展示も同時開催し、10年間のS-イノベーションプログラムの成果の集大成を参加者の皆様にご覧いただきました。

18日は、諏訪市文化センターに場所を移し、18日から開催された諏訪圏工業メッセとの共同企画イベントとして特別講演会を行いました。世界の最前線で活躍されている東京理科大学前大学長 栄誉教授 藤嶋昭氏、セイコーエプソン株式会社代表取締役社長 碓井稔様、ロチェスター大学Duncan T. Moore教授に、ご講演いただきました。当日は、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクールとして認定されている諏訪清陵高等学校生徒、IWPPI2018 学術会議参加者や一般市民を含め355名の方にご参加いただきました。

JSTホームページでも本国際会議の開催報告が掲載されております。

18-1フォトニクスポリマー研究会講座が開催されます。

テーマ:IT時代に求められるウェアラブルデバイスとフォトニクスポリマー
主催:高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
日時:2018年6月28日(木) 13:00-16:20
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
URL:18-1フォトニクスポリマー研究会講座(お申込みもこちらから)
17-2フォトニクスポリマー研究会講座が開催されます。

テーマ:~IoT, センサーとフォトニクスポリマー~
主催:高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
日時:2017年10月26日(木) 13:30-17:20
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
URL:17-2フォトニクスポリマー研究会講座(お申込みもこちらから)
17-1フォトニクスポリマー研究会講座が開催されます。

テーマ:~IoT時代のディスプレイ、ウェアラブル、ポリマー~
主催:高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
日時:2017年6月8日(木) 13:00-16:50
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
URL:17-1フォトニクスポリマー研究会講座(お申込みもこちらから)
第11回フォトニクスポリマー研究会講座が開催されます。

テーマ:~IoT時代のディスプレイ、ウェアラブル、ポリマー~
主催:高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
日時:2017年3月3日(金) 10:30-17:00
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
URL:第11回フォトニクスポリマー研究会講座(お申込みもこちらから)
小池康博教授が、第50回高分子学会湘南地区講演会にて講演を行います。(2016.11.18)

日時:2016年11月24日(木)
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース
小池教授講演タイトル:4K/8K時代を支えるフォトニクスポリマーの新展開
小池康博教授が、新川崎タウンキャンパスK2オープンセミナーにて講演を行います。(2016.11.21)

日時:2016年11月21日(月)
会場:新川崎タウンキャンパス
小池教授講演タイトル:フォトニクスポリマー技術が創るリアルカラー4K/8K映像・伝送システム
小池康博教授が、技術士CPD中央講座(第137回)にてキーノート講演を行います。(2016.11.19)

動き始めた8Kスーパーハイビジョン ~技術と応用の最前線より~

日時:2016年11月19日(土)
会場:機械振興会館
小池教授講演タイトル:「フォトニクスポリマーによる革新的なディスプレイ技術と8Kへの活用」
10月11日(火)~14日(金)、JST S-イノベーション「フォトニクスポリマーによる先進情報通信技術の開発」主催でInternational Workshop on Photonics Polymer for Innovation (IWPPI)を那須塩原にて開催いたしました。
Openingでは、JSTの後藤吉正理事からご挨拶をいただき、サザンプトン大学のDavid Payne教授をはじめ、4名の方々に基調講演を行っていただきました。
基調講演に続き行われたスペシャルセッションでは、学術から生まれた成果からのイノベーション創出の産官学の在り方をテーマに議論を進めました。産業界をリードする皆様からのメッセージに8Kシステムの医療応用を推進する日本大学総合科学研究所 千葉敏雄教授からの力強いご意見が加わり、"日本オリジナルなフォトニクスポリマー技術による産業創出"という思いを参加者の皆様と共有することができ大変有意義なものとなりました。
また、2日目からの学術セッションならびにポスターセッションでは、フランス、アメリカ、韓国、台湾、イギリス、スペインなど世界のフォトニクスポリマー専門家による積極的な意見交換がなされました。さらに、S-イノベ参画機関などによる企業展示も同時開催し、S-イノベの研究成果および参画機関の取り組みを発信することができました。

JSTホームページでも本ワークショップの開催報告が掲載されております。

16-2フォトニクスポリマー研究会が開催されます。

主催:高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
日時:2016年10月20日(木) 13:30-17:10
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
URL:16-2フォトニクスポリマー研究会(お申込みもこちらから)

20161011()14()、ホテルサンバレー那須にてInternational Workshop on Photonics Polymer for Innovation (IWPPI)を開催いたします 

本ワークショップは、科学技術振興機構(JSTS-イノベーション「フォトニクスポリマーによる先進情報通信技術の開発」が「フォトニクスポリマーがシステムを変える」をテーマに主催致します。最新の学術的な成果発表のみならず、フォトニクスポリマー技術の産業化とイノベーションを考える新しいワークショップを目指しております。

1日目の基調講演では、世界最大の光学会SPIEPresidentであるRobert Lieberman博士、Stuttgart大学(SPIE理事)のWolfgang Osten教授、光ファイバー分野でノーベル賞候補でもあるSouthampton大学のDavid Payne教授、さらに、有機ELの生みの親である城戸淳二教授をお招きしております。また、基調講演の後、スペシャルセッションとして"Innovation of Photonics Polymer toward Display Industry"と題したパネルディスカッションを企画しております。本パネルディスカッションでは、()ジャパンディスプレイ 代表取締役社長 有賀修二氏、大日本印刷() 専務取締役 和田正彦氏、日東電工() 取締役常務執行役員 梅原俊志氏、日本大学 総合科学研究所 教授であり、8Kディスプレイを医療に展開されておられるメディカルイメージコンソーシアム理事長の千葉敏雄教授にご登壇いただき、ディスプレイ産業の近未来の姿、フォトニクスポリマー技術の産業化に向けその課題や今後の方向性を議論致します。このパネルディスカッションは日本語で行い同時通訳を付けます。

その他、フォトニクスポリマー分野の最前線で活躍中の研究者による招待講演、ポスターセッション、更にS-イノベーションプログラム参画企業他、産業界か​​ら最新技術や製品の展示も併設致します。

皆様におかれましては大変ご多忙とは存じますが、この機会に貴殿ならびにご関係の方々に是非ご参加賜りたく、ご案内申し上げます。

参加登録は、ウェブ公式ホームページよりお願い申し仕上げます。

 

16-1フォトニクスポリマー研究会が開催されます。

主催:高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
日時:2016年6月9日(木) 13:00-16:40
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
URL:16-1フォトニクスポリマー研究会(お申込みもこちらから)
2016年 液晶ディスプレイ研究フォーラム/液晶フォトニクス・光デバイスフォーラム合同講演会で多加谷明広特任教授が講演します。

日時:2016年3月10日(木) 13:00-18:00
場所:東陽テクニカ本社8階第一会議室
URL:日本液晶学会HP(お申込みもこちらから)
【フォトニクスポリマー研究会設立10年記念】 第10回フォトニクスポリマー研究会講座が開催されます。

主催:高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
日時:2016年3月3日(木) 10:20-17:05
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
URL:第10回フォトニクスポリマー研究会講座 (お申込みもこちらから)

2014108()10()、慶應義塾大学日吉キャンパスにて小池康博教授が全体議長を務めるThe 23rd International Conference on Plastic Optical Fibers(POF2014)を開催致します。

本国際会議では、プラスチック光ファイバ開発の最新動向、そして、その様々なアプリケーションへの応用にフォーカスし、学界及び産業界の研究者、技術者に、最新の研究開発成果、産業活動について議論する機会を提供致します。

 POFを用いた光通信の事業をどのように広げるか、また、家電、放送、ホームネットワーク、ヘルスケア、医療、センサー、自動車用アプリケーションなど、様々な産業へどのようにして大きな影響をもたらすか、様々な視点からのアイデアを共有し、有意義な意見交換の場となることを期待しております。

 多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

要:

Topics

 (1) Datacom & Network (2) Active & Passive Devices (3) Sensors & Detectors

 (4) Materials & Fiber Tech (5) Photonics Polymers

 (6) Characteristics

Plenary Speakers

Masayuki Sugawara, Deputy Head of Science & Technology Research Laboratories, NHK
Hiroyuki Ohshima, CSO, Japan Display Inc.

Invited Speakers

Kohzo Hakuta, The University of Electro-Communications
Seiko Mitachi, Tokyo University of Technology
Akihito Mitsui, Mitsubihi Pencil Co., Ltd.
Yosuke Mizuno, Tokyo Institute of Technology
Kimio Oguchi, Seikei University
Seung-Han Park, Yonsei University
Hans Poisel, Technische Hochschule G.S.Ohm
Stephen Ralph, Georgia Institute of Technology
Seiji Sasho, Asahi Kasei E-Materials Corporation
Naoshi Serizawa, Yazaki Corporation
Okihiro Sugihara, Utsunomiya University
Eduward Tangdiongga, Eindhoven University of Technology
Yoshihiro Tsukamoto, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.
Naoto Tsutsumi, Kyoto Institute of Technology
Yuji Watanabe, Asahi Glass Co., Ltd.
Whitney White, Chromis Fiberoptics Inc.
Joseba Zubia, University of the Basque Country

(in alphabetical order)

~フォトニクス・イノベーションによる3.11からの日本の復興~

1st International Conference on Advanced Photonic Polymers (ICAPP2011)
~Reconstruction of Japan from 3.11 Tragedy by "Photonics Innovation"~

主催 ICAPP2011実行委員会
開催日時 2011年12月1日(木)、2日(金)
開催会場 パシフィコ横浜 会議センター 3階
プログラム 詳細はこちらをご覧ください。
パンフレットはこちら Japanese(5.3 MB) / English(9.3 MB)

本国際会議は、国内外から招いた世界を代表するフォトニクス分野の専門家らが包括的な討論を行い、フォトニクスポリマーによるシステムインテグレーション実現へ向けて、その実効性、方向性を探り、日本から生まれたオリジナル技術に支えられたフォトニクスポリマーによる日本復興を提案することを目的として開催されました。
学術セッションならびにポスターセッションでは、日本、韓国、米国、カナダ、オランダ、スウェーデン、ルーマニアなどの世界のフォトニクス分野の専門家による積極的な意見交換がなされました。また、2日目の日本復興をテーマとしたスペシャルセッションにおいては、1日半にわたる学術セッションでの研究成果発表を踏まえ、災害に強い国となるためにどの様な社会を築き、復興をしていくのかを、産官学のパネリストと共に議論しました。
科学技術の紹介に留まらず、人間のくらしを軸に考え議論する今までにない会議となり、約600名の方々にご来場いただきました。

2011年12月1日(木)~2日(金)、第1回先端フォトニックポリマー国際会議(ICAPP2011)を開催致します。

第1回先端フォトニックポリマー国際会議
~フォトニクス・イノベーションによる3.11からの日本の復興~
1st International Conference on Advanced Photonic Polymers (ICAPP)
~Reconstruction of Japan from 3.11 Tragedy by "Photonics Innovation"~

日時:2011年12月1日(木) 9:00~19:00 、12月2日(金) 9:00~17:20
会場:パシフィコ横浜 会議センター 3階 (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
内閣府/日本学術振興会(JSPS)FIRSTプログラム及び科学技術振興機構(JST)S-イノベーションによる共同提案
主催:ICAPP2011実行委員会
協賛:高分子学会、日本化学会、応用物理学会、電子情報通信学会、日本光学会、光産業技術振興会
参加費:無料。事前登録が必要。参加登録はこちら
参考リンク:ICAPP2011 ホームページ

KPRI国際シンポジウム スペシャルセッション当日の動画を公開しました。
また、「KPRIの挑戦」動画を公開しました。是非、動画をご覧頂き「KPRIアイデアボックス」へご意見をお寄せください。

主催 学校法人 慶應義塾
開催日時 2010年10月19日(火)15:00~17:45
開催会場 慶應義塾大学日吉キャンパス協生館 藤原洋記念ホール、及び独立館
展示会場 来往舎1階アトリウム
来場者数 延べ1,210人

プログラムはこちらから JapaneseEnglish


本シンポジウムは、KPRIが目指す「Face-to-Faceコミュニケーション産業」が、具体的にどのように私たちの社会を変えていくかというビジョンを共有し、その実現へ向けてのステップを内外に広く広報することを目的に開催されました。

お台場の日本科学未来館と日吉のメイン会場、そしてその先の等身大の高精細ディスプレイまで、KPRIで開発中のGI型プラスチック光ファイバーを直接繋ぎ、日本科学未来館の毛利衛氏にリアルタイムでご講演をいただきました。毛利氏と小池教授が握手をする場面は、両者が本当にその場で握手を交わしているような臨場感あふれる印象的なシーンとなり、この様子は日経新聞で大きく取り上げられました。

また、小池教授による30年来の光と高分子の基礎研究に基づくフォトニクスポリマー技術の高速プラスチック光ファイバー、高輝度光散乱導光ポリマー、ゼロ複屈折ポリマーによる高精細ディスプレイ等に関して基調講演が行われ、末松医学部長からは、KPRI技術の遠隔医療分野への応用に関して未来の医療のあり方を見据えた素晴らしいご講演をいただきました。500名収容の協生館藤原洋記念ホールは満席になり、独立館に第2会場を設けるに至り、展示会場を含め延べ1210名の方々にご来場いただき記念すべきシンポジウムとなりました。

展示

開催日時 2010年10月19日(火)12:00~19:30、20日(水)10:30~18:00、
21日(木)10:30~16:00
開催会場 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎1階アトリウム
内容 ギガハウス・ギガタウンモデル展示、研究成果物展示
「ギガハウスの世界」として、KPRI委託研究企業と参画企業により、「Face-to-Faceコミュニケーション」体験ブースを設置、家のリビングが外と大画面で繋がった世界など、最新システム等についての紹介をしました。
「Road to "Giga Town"」コーナーにおいては、光を操るフォトニクスポリマーを確立してきた小池研究室のこれまでの研究成果と今後の課題について、時系列にパネルや模型などで表示し、研究成果物などを展示しました。シンポジウム参加者、学生、一般の訪問者等が立寄り、美しい映像や3Dに歓声を上げました。

ページTOP